SEO対策
シジロロマン シジロロマン 今日のできごと

冬眠から目覚めました

2009.04.05 Sun

今までの経緯から、また更新が滞りました。
心配されたり、不思議に思われたと言う人もいると思います。
また、本当ならやりたいこともあったのですが、
それも結局できず無駄な一ヶ月を送ったなと自分で思います。

なぜ、そうなったか?
それは偏に今まで感じたことのない絶望感があったからです。
実は、孤立奮闘していた(パソコンを封印したり、漫画喫茶にいってみたり)試験の結果が
あまり芳しいものではなく、かなりピンチの状態でした。

そして再び挑んだ試験も、手応え的にもできた感じはさらさらなく、
むしろ全くできない自分に諦めと絶望感がテスト中に苛まれました。

ちなみにこのテストを落ちると、医学生活が終わる、なかなか究極のテストでした。
そこまで追い込まれた自分のバカさ加減もさる事ながら、
親にすごく心配かけたことに対してすごく腹立たしかったです。

でもいつもだったら、「でもそんなの関係ねぇ」と言う感じで、長期の旅行に行ったり、
海外に留学したりしていたのですが
今回はそんな気も全くおこらない状態でした。

自分が医学生という立場から、自分の状態を診断するに
あれはれっきとした鬱ではないかと思います。
なぜなら、

・朝起きても、布団からはいあがれない
・なにをする訳でもなく、ただぼーっとする
・何をしても楽しいと感じない
・友達からメールがきても返信しない
・ブログを書かない
・すべてがめんどくさいと思ってしまう
・初めて生きてることに対して嫌になった
・誰とも会いたいと思わない

そんな状態だったからです。
もちろん、僕の状態がうつという病気に全て合致するかと言えば違うと思うし、
本当に鬱で悩んでいる人からすれば、そんなのたいしたことないと言われるかもしれません。

ですが、自分でも言うのもなんですが寝たら忘れるタイプの人間なんで、初めての経験でした。
結局、試験もなんとかパスし、明日から新学期が始まるという状態なのですが、
未だに現実感がありません(笑)

もし、SFの世界でパラレルワールドが始まるとしたら、
あの時テストに受かったか受かってないかで大きく人生が変わっていたとおもいます。

もちろん、じゃあ3月はなにもなかったのか?と聞かれるといちようそれなりになんかはありました。
でも、いつもの僕ならすぐにブログに書いたりするのにそれがない。

その原因として、上記のめんどくさいもさることながら、
父親に事細かくしゃべっているからという理由が考えられました。

これはどういうことかというと、金沢にいる間は一人暮らしのためもの凄く寂しいです。
その寂しさが原動力となって、ブログを書こうとなってるではないかと実家に帰って一番思いました。

つまり、父に話す→満足→ブログを書かないという一連の流れができてしまい、
なおさら書かなくなるというスパイラルに陥ったかなと思います。

ちなみに3月でやったことで、今までの僕なら間違いなくブログにかいていた話とすれば、

☆ 生まれて初めて坊主頭にした(懺悔の意味も込めて)
☆ フランス産の珍しいメガネを買った
☆ トライアスロンにでることになった
☆ 新しい携帯に代えた
☆ ランニングシューズを買った
☆ 近くの喫茶店のコーヒーがおいしかった

こんな感じの話はきっとしていたと思います。
まぁ、例年、3月は停滞期(春休みで実家に帰ってたり、
どっか行ったりしているから)というのもあるのですが、
今年の3月は旅行もすることなく本当に停滞していたそんな初めての3月でした。

ちなみに、未だに試験が受かったことがしんじられず、
明日から病棟をまわらないといけないのに
まだ夢見心地のシジロでした。

また、停滞している間心配してくれた方、
なにしてるんやろと変に思った方、迷惑かけてすみません。
ちょっとまだ本調子まではいかないと思いますが、
じょじょに、まるで雪解けみたいに復活していくと思うので、
気長に見守って下さい。

  1. 2009/04/05(日) 21:02:29|
  2. 今日のできごと|
  3. トラックバック:7|
  4. コメント:4

帰ってきました

2009.01.31 Sat

いちよう山場の試験は終わり、ネット再開しました。
まーしかし、自分のダメさ加減がよくわかる日々でした。
反省ばっかりです。。。

ま、そんな話はおいおい…
とりあえず、ただいま。

  1. 2009/01/31(土) 17:56:34|
  2. 今日のできごと|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:3

さあ、今年最初の記事を書きますか

2009.01.07 Wed

新年あけましておめでとうございます。
松の内(1月7日、今日)なので、ぎりぎりできる挨拶です。
明日からは寒中見舞い〜ですね。

とまあ、なんでこんなにブログを放置していたかというと、単刀直入に言うなら
軽いホームシックにかかってました。
というのも、新年を実家(奈良)で過ごし、その快適さ加減からブログから遠ざかり、
金沢に戻ってからというのも無気力、
というよりホームシックにかかりなんにもやる気がおこりませんでした。

2日を費やし、ようやく今日復活できたのは、
1. 手帳(ほぼ日手帳購入しました)に今思ってることや、いままでのことを書きなぐる
2. 体を動かしたほうが改善する(長年の経験より)と思い、今年初泳ぎをしてきた
のが功をせいした形となりました。

二日前なんてもうブログ書きたくないやと思った自分が恥ずかしい。
でも、他の人(とくにリンクしている人)のブログを見て、元気づけられました。
こんな僕ですが、今年も宜しくお願いします。

  1. 2009/01/07(水) 16:57:02|
  2. 今日のできごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

水曜どうでしょうの聖地、喫茶ラディッシュに行ってきました

2008.12.22 Mon

ついに、水曜でうでしょうの聖地と言うべき所に行ってきました。
その名は「ラディッシュ」という喫茶店です。
この場所は、水曜どうでしょうのディレクターである藤村さんの実家です。




お店を前にして
パチリと一枚とりました。
着いた喜びと、
これから中に入れる
ワクワク感が
なんともいえませんでした。


このお店は水曜どうでしょうの番組内で
日本全国の甘い食べ物を食べ歩くという企画があり、その時に登場したお店です。
番組内では運転している藤村さんが行くのを嫌がったりしたり、
食べ終わった後に「かあちゃん、うまかったよ」と言ったりと
多分水曜どうでしょうのファンなら思い出深いシーンだと想います。





店内の様子です。
たまたまタイミング良く
自分以外はだれも
お客さんがいない状態でした。



そんな番組内で食べられていたのが、「小倉トースト」
実はこの食べ物は、メニュー内には無く、
注文すること=水曜どうでしょうファンという感じになります。

この日僕は10:30にこの場に到着し、
運良く来店した時にお店の中に一人だけという状態だったので、
小倉トーストを出してもらったときに、藤村さんのお母様、悦子さんと色々喋ることができました。
僕が金沢から来たこと、これから奈良に帰ることを話すと大変驚いておられました。



これが裏メニューの
小倉トースト
最初見た時、
あまりの大きさに
かなりびっくりしました。


また小倉トーストというのは、よくよく考えてみると今回はじめて食べる食べ物でした。
そして最初小倉トーストがきたときはあまりの大きさに、食べきれるかなと心配しました。

ですが、アツアツの小倉トーストを頬張ってみると、
その絶妙な小倉の甘さとトーストのもちもち感に魅了されて、
4つあった小倉トーストを本当ぺろりと平らげてしまいました。
本当、おいしい小倉トーストを食べれてしあわせでした。

また丁度、小倉トーストの2切れ目を頬張っている途中に、とある男の方が来店されました。
注文された品が「小倉トースト」で、
僕はすぐに「あ、この人も水曜どうでしょうファンだな」と思いました。

そしてその男の方が水曜どうでしょうのグッズが集められている一角の所にこられたとき、
その男の方に話しかけてみました。


ここが店内のある一角に
置かれている
水曜どうでしょうの
グッズ関連諸々の棚です。

お母様曰く、
ファンの方々が
持ち寄った物で
できあがっているそうです。



すると秋田から来られたと仰り、心の中で「すごい!」と言う気持ちと、
自分より遠くから来たということで、「負けた」という気持ちが芽生えました。
その後、その男の方が頼まれた「小倉トースト」がきて、
藤村さんのお母様と僕とその男の方で、楽しく談笑していました。

その時藤村さんのお母様が言われていたことに、
学校の先生が小学生などに「水曜どうでしょう」の番組を見せて、
楽しく笑い、また笑いが良い影響を与えていると言われていました。
また、その一環の恩恵としてこの喫茶店に小学生が来ることもあると言われていました。

写真撮影もこのように
快く了承して頂き
満面の笑みを頂きました。

おいしかった小倉トーストと言い
本当感謝の気持ちでいっぱいです


僕はこの話を聞いて、一つは水曜どうでしょうは老若何如に人気であること、
そして自分の息子が作った番組を本当に誇りに想われているんだなと
母の愛を感じることができました。

その後、その男の方と水曜どうでしょうに関するグッズや資料を見ながら話をし、
来店の記念としてルーズリーフに来店したときの感想などを書き綴ってきました。

そしてそろそろ帰ろうと思い席を立とうとすると、
お母様が「おにぎりを作っているので少々お待ち下さい」と言われました。
これから奈良に帰るという話を聞いただけで、
なんて素晴らしい配慮をして頂けるんだと心から感謝し、また感動しました。


帰り際に頂いたおにぎり二つ。
大きさも味も
文句なしの最高級でした。

こんなことまで
していただき
本当にありがとうございます。



帰りの電車の中で食べたおにぎりは格別においしかったです。
行ってよかったこと、たのしかったこと、そしておいしかったこと。
本当に今日はいい思い出になりました。
今度は奈良か金沢のお土産を持って、また訪れたいと思ったシジロでした。

  1. 2008/12/22(月) 18:24:40|
  2. 今日のできごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

僕は涙腺が弱くなったのかもしれない

2008.12.15 Mon

この前紹介した映画で涙したという話は記憶に新しいかもしれませんが、
今日はこの映画を見て、またボロボロ泣いてました。

さよなら。いつかわかること [DVD]
メディアファクトリー (2008-11-07)
売り上げランキング: 5935
おすすめ度の平均: 4.5
4 邦題がこの作品世界を見事に言い得ています。
5 何とも言えない心地よい時間だった。
5 ぽっかりと空いた大きな穴


タイトルずばりですし、初っ端から話は核心へと触れます。
内容は単調で先も読みやすいのですが、父役の演技が本当素晴らしい。
言えないもどかしさや、葛藤、怒り、悲しみ、その表情がなんともいえないのです。
そして、子役の子も演技力抜群です。
姉役の子は、姉としてしそうな行動や少し感ずいてしまう点など、すごくよく表現されてました。
妹役は無邪気に、元気よくいくのですが、その対極にいる父の表情がなんとも言えません。

映画を見る前から泣くと分かっていたので、
集中力をそらすような行動をとっていたのですが、結局最後にはおお泣きでした。
また、話は変わりますが、
水曜どうでしょうというテレビ番組のラストランという企画の最後でも、
ディレクターが感極まるシーンを見て泣いてました。

昔はそんな泣くようなキャラじゃなかったのに、どうやら少し変わってきたみたいです。
おかしいなぁ。

  1. 2008/12/15(月) 18:53:22|
  2. 今日のできごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ

プロフィール

シジロ

Author:シジロ
シジロは、
漢字では「之字路」と書きます。
意味は「曲がりくねった道」です。
自分の生き様を表しています。

ロマンは、
伊坂幸太郎さんの作品の名言、
"ロマンはどこだ!?"からかロマンを取り、
シジロロマンと合成しました。

シジロは、
金沢に住むしがない医学生です。
水泳・読書が趣味です。
皆さんと共感できるようなブログを
目指して頑張りたいと思います。

最後に、気になる上の写真は、
石川県の羽咋駅にある
オブジェの写真です。
それについての記事は⇒こちらです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

I Know 成績


最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

RSSリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パソコンB封印から

リンク

あわせて読みたいブログパーツ

月別アーカイブ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約