SEO対策
シジロロマン シジロロマン 200710

今日の名言

2007.10.22 Mon

The tragedy of life doesn't lie in not reaching your goal.
The tragedy lies in having no goals to reach.
(Benjamin Mays)

人生の悲願は、目標が達成できなかったことにあるのではない。
達成すべき目標を持たないことにあるのだ。

いきなり、こいつどうしたんだ?
と思われるかもしれません。僕でも思います。
いえね、素晴らしい本を見つけて、
それを皆さんと分かち合えたらいいなっと思って
書き留めてみた訳です。

悲願=達成すべき目標がない
なるほど、五里霧中状態、何をしたらいいか分からない状態こそが、人生の中の悲願であると。
言われてみればそうかもしれない。

そう、目標というのはしばしば見失いがちなものなのであり、

それについては言及しない、なぜなら目標自体があるから。
でも、目標すらないとなると…

只今、ひきこもりがちな僕には、
ちょっとガツンとくる言葉かもしれません。

  1. 2007/10/22(月) 16:23:05|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私のしごと

2007.10.15 Mon

「きっちりタイプ」
「きっちりタイプ」のあなたは、きちんとした折り目正しい人です。物事が一定のルールにしたがって進められることを好みます。繰り返しの多い仕事も途中で放り出したりせずに、最後までねばり強くやりとげます。細かいことにもよく気づきます。また、決められた仕事にはきちんと取り組み、間違いも少ないので、まわりの人から「あの人にまかせておけば大丈夫」と信頼されます。ただ、みんながあっと驚くような独創的なアイデアを生み出したり、オリジナルな作品を作り出すことは少し苦手かもしれません。

●あなたの興味と仕事
きちんとしたことを好むあなたに向いている仕事は、間違いがあっては困ること、例えば、毎日見直して整理しておく必要がある物事を確実に処理するような仕事です。書類や本、ものを整理したり分類したり、お金の使い道を管理したり、仕事や行事のスケジュールを組んだりするような仕事には、あなたのきちんとした正確なやり方がとても役に立ちます。そんなあなたは、ブルーグループの中からぴったりの仕事を見つけることができるでしょう。

●ブルーグループでのあなたの仕事
ブルーグループで働く人々は、一つ一つ確実に間違いなく進めていくことが求められる仕事を担当しています。例えば、会社では、ものや書類を整理し、管理する仕事をします。売り上げ金や支払いのためのお金を計算したり、お客さんと直接お金をやりとりするような仕事もあります。また、ライブラリィで本や資料を整理する仕事や、忙しい人のためにスケジュールを調整する仕事、コンピューターのプログラムを組んだり、計算するような仕事もします。
ブルーグループの人々の仕事が欠けると、ステーションの生活はたちまち混乱してしまいます。このグループの人々は、みんながステーションの中で、安心してスムーズに暮らせるよう、仕事の流れを支えています。
きちんとしたことを好むあなたは、ブルーグループで力を発揮することができるでしょう。

●あなたに向いている職業例
公認会計士
現金出納係
旅行会社カウンター係
航空会社旅客係
秘書
司書
プログラマー
一般事務員
速記者
通信オペレーター

  1. 2007/10/15(月) 23:03:21|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

読書の秋

2007.10.15 Mon

まぁ、年がら年中、読書の秋なんですけど、
最近読んだ本のレビューでも。
ちなみに、他のサイトのレビューもチェックしてみたんですが、

「永すぎた春の憂鬱」というサイト
(リンクは貼りません、怒られたら嫌ですし。気になる人は検索)が
あまりにも毒舌と短文で本を紹介してて、
ちょっと憧れました。しかも一日一冊。
下手な評論や、「すごい楽しめた」とかよりも
よっぽど感情が籠っていてよかったと思う。

ちなみに、駒場の事が書いてあるので、
東大の教養学部生かなぁ・・・?と思いつつ。

さあ、最近読んだ本の紹介へ。
今回は新書特集です。

そもそも、新書とは?
いくつかの新書の誕生を実例としてみるのに先立ち、まず新書とは何か、その定義をするとともに新書の歩みを概略みておこう。

 わが国の出版界で新書という場合、本の大きさや造本上の体裁を示す言葉であったり、ある特定のシリーズ物の固有名詞であったりとその用法は様々である。事実、わが国の新書の草分けを自他共に認める岩波新書が登場した1938年(昭和13)年以前にもいくつかの新書版の本はあった。しかし、新書という名称がシリーズ物として広く出版界で認知されるようになったのは、第2次大戦後のことである。その定義については数多くの見解があるが、大方のみるところは、

* カバーや見返しの有無に関係なくペーパーバックスである
* 判型はB6判より小さい40判(B全判から片面40ページが取れる大きさ)が基本だがその変形もある
* 初版部数がある程度見込まれる廉価本で、ページ数は200前後
* 定期かつ継続的に出版できる一般啓蒙書で読みやすさを重視
* 書下ろしが原則で、対称とする分野は各種の解説・読物から随想まで間口は広い
* 単発的なベストセラー狙いではなく、どちらかといえばロングセラーを指向

などが条件となっている


ということらしい。

そんな中で読んだ本、リストアップ。
プレステ3はなぜ失敗したのか? (晋遊舎ブラック新書 002) プレステ3はなぜ失敗したのか? (晋遊舎ブラック新書 002)
多根 清史 (2007/09/10)
晋遊舎

この商品の詳細を見る


うーん、まぁ気になる所やけど、
後半からパンチがない。
というより、ウォークマンの話にいってるのは意味が理解できない。なんでいきなりiPodの話?

そして最後の章には
「PS3よ、イキロ!」
いやいや、今までの話なんやってん。
「それは、かつて「NINTNDO64」で大失敗した任天堂が、
後継機の「ゲームキューブ」でもたどった道であり、
結局は実を結ばなかった。

でも、その二つのハードで作られた「どうぶつの森」が
DSやWiiで大成功を収めているのだ。

PS3はこのまま負けて消え去るかもしれない。
しかし、全力を尽くした上での失敗は、決して無駄ではないはずだ。」

要するに、PS4に期待?ってことかしら。
そして起死回生には次に繋がる為のソフトが必須と。

もういいや、なんで失敗したか?まとめると
●無茶な値下げ
●発売時の品薄(ドリームキャストの二の舞)
●ブルーレイの製造の遅れ

以上、あとはソニー社長の話と、ハードの歴史。
久夛良木(くたらぎ)社長、
ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)の代表取締役社長 
についての話をずっとしてる感じの本です。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14) 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14)
西村 博之 (2007/06/29)
扶桑社

この商品の詳細を見る


ハッキリ言って、かなり高度な話が書かれています。
最後のほうはパソコンの知識がかなりないと、置いてかれます。
それにしても、対談を日本収録してる時点で
「あ、書くことないんや」って気付きます。
本人も最後に
「そんなわけで、この本のほとんどを書いた杉原さんに感謝です。」
とすごいぶっちゃけを語ってくれます。

さすが、2ちゃんねるの管理人。やってくれる。
そしてもっとすごいのが、
いきりなり結論をぶつけてくるのが清々しい。

付箋を三つ付けていたけど、読み返したらそんな重要じゃないから割愛(笑)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書) さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
山田 真哉 (2005/02/16)
光文社

この商品の詳細を見る


そして、名作中の名作
○○○のか?シリーズの先駆者かな?
150万部突破したそうです。

さおだけ屋の話だけにフォーカスをあてれば、
結論? さおだけ屋は、単価を上げて売上を増やしていた。
結論? さおだけ屋は、仕入れの費用がほとんどゼロの副業だった!

だそうです。
もう、根本的に会計の本です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
さっさと読みたい人は、各章のまとめを読めばそれなりに分かります。

ただ、エピソード7の数字のセンスは面白いので読む価値あり。
「50人に1人無料」に隠された真実や、「学習塾の合格者の裏側」は、
面白い。

以上、新書三冊の紹介でした。
うーん、やっぱり一冊にかけるレビューが長すぎるなぁ…
やっぱり、もっとうまく書くように練習かなぁ。

  1. 2007/10/15(月) 21:40:52|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

プロフィール

シジロ

Author:シジロ
シジロは、
漢字では「之字路」と書きます。
意味は「曲がりくねった道」です。
自分の生き様を表しています。

ロマンは、
伊坂幸太郎さんの作品の名言、
"ロマンはどこだ!?"からかロマンを取り、
シジロロマンと合成しました。

シジロは、
金沢に住むしがない医学生です。
水泳・読書が趣味です。
皆さんと共感できるようなブログを
目指して頑張りたいと思います。

最後に、気になる上の写真は、
石川県の羽咋駅にある
オブジェの写真です。
それについての記事は⇒こちらです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

カウンター

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

I Know 成績


最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

RSSリンク

パソコンB封印から

リンク

あわせて読みたいブログパーツ

月別アーカイブ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約