SEO対策
シジロロマン シジロロマン 200712

親の力

2007.12.25 Tue

そういえば、そんなタイトルの本もあったような…ま、いいか。
教育の掟系の本も、結構読んだけど、やっぱり大前提は、
『褒めること』
これにつきます。

勉強のため、近頃喫茶店に行くことの多い自分ですが、
親子の対応力は、ここでやっぱり違いがでると思います。
騒ぐ子供の親は、僕が見てきた確率から言って怒りやすい。

それどころか、ひどい親になると喫茶店では子供のことを全く注意せずに、
親同士の会話に夢中と。
おいおいいいのかよと思うくらい、我関せず。
うるさいなーって、いやいや、その子あんたの子やがな。

褒める親は、得てして子供も静かです。
そして、例え怒ることになっても、対応がスマート。
見てるこっちも微笑ましくなります。

また、別に子供だけに限らず、処世術的にも褒めることというのは、
一番大切だと思います。自分を人を褒めることを努力していますが、
これが超難しい。

なぜなら、見え透いたお世辞は逆に失礼だし、
下手に褒めると、何か下心があるのではないのかと勘ぐられたりと、
塩梅が超むずかしいのです。

「適度に褒める」、一番難しいことだと思います。

褒める、叱る で一番思い出すのが、自分の両親。
なぜなら両極端で、父は褒める、母は叱るのが多かったなぁと思うのです。
どうがんばって思い出しても、父に怒られた思い出がでてこない。
代わりに、母に怒られた思い出はゴロゴロ出てくる。

まぁ、お陰でどっちが正解かは僕には分ったので、いい経験だと思います。
ただ、そんな母から珍しく褒められた事で、
一番嬉しかったのが「小学校の時に自画像を描いたとき」です。

あれは小学校の6年生の美術の時間で、3学期最後らへんの時期でした。
僕は、中学受験をなんとか成功させ、心の余裕もでき、
後は小学校を卒業するだけという時期でした。

今まで、内職や、あまりにも手を抜いた絵や、版画しか書いてなかった美術の時間。
最後は、鏡をもってきて、自分の顔を描くという課題でした。
終わって塾にいかなくちゃっといった強迫観念もなく、ノビノビと描いたのが、
よかったのか、美術の先生も驚くくらい、イイ絵を描いた。

その学期の通信簿も5がついたくらい(いつも4か3だった)、
そして、それを今でも事細かに覚えてるいるのは、
母がその持って帰った絵を大絶賛してくれたからだ。
その後も事あるごとに、あの絵を褒めてくれた。

そのお蔭か分からないが、
今でも絵を描くことは、好きだし、
下手かもしれないけど、母に見てもらいたいなと思うことがある。
それは、やっぱり心の奥底に「母に褒められたい」という気持ちがるのかもしれない。

…こんな、超私事な内容でジーンとくる人なんていないと思うけど、
クリスマスとかで恋人とかとうつつをぬかしている暇があるのなら、
そんな自分が今いるのが親のお陰であることを、再認識するのも、
悪くないんじゃないか、思って書いてみた。

決してタンスの角で頭ぶつけて、おかしくなったとか、変なもんくったとか、
そういう類のものじゃないから、心配してメールしてこないように。
て、やっぱり読み直すとかなり恥ずかしいから、
公開するのは今年度末までにしようかしら…?

  1. 2007/12/25(火) 14:46:43|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カロリー計算

2007.12.20 Thu

昨日に引き続き、レコーディング・ダイエット ネタ。
「とりあえず、食べたものを記録しよう」というのが、
このコンセプト。

というこで、早速、メモ帳を買って記録をつけることに。
最初は年間手帳型を購入したのだが、
書いていくうちに、書ききれないことが判明。

泣く泣く違う手帳を買い直すはめに。1050円を無駄にしました(/_;)
著者がメモ帳を使って書いていたのが、分かった気がしました。
そんなこんなで、KOKUYOのノ−231B という17行のまあまあ
小さめのノートに一日一ページで書いていくことにしました。

ちなみにKOKUYOのCampusノートを買うのは一体何年ぶりだろう?
と考えていました。大学入って使った覚えが全くないし、
高校時代もほとんどルーズリーフだったので、
大分前だなぁ、と郷愁にふけていました。

この類のノートは、個性がない(みんな持ってる)ので、
早速カスタマイズしてしまいました。
とりあえず、表紙は七色使ってタイトルを書き、
開いた1ページ目はインドの神(手書き)がいるというギャップのでかさ。 

うん、僕らしさが出たところで、早速二日前のやつを
ノートに書いて…
やばい、これ楽しいかも?!とマジで思った。

左端に食べた時間、真ん中に食べた物、右端にカロリーとしたノート
一見、なにがおもろいねんと思うかもしれないけど、
たぶん、理系型デブははまる。
なぜなら、データを書く、揃える系が好きなはずだからだ。
そしておのずとやせるのだから、万々歳だろう。

ということで、こつこつ続けていこうと思います。

  1. 2007/12/20(木) 21:29:08|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

カフェインショック

2007.12.19 Wed

11月ぐらいに初めて現れた症状の中に、
カフェインを飲んだ後、顔が火照り、心拍数が格段に上昇する症状が現われている。
この症状は、結構厄介で、本読むにも、あまり集中できず、
かたや勉強もてんでダメになるという厄介な代物だ。

原因は、どう考えてもカフェイン中毒症状。
長年のカフェイン摂取がたたりましたか。
まぁ、いつかはくると思ってましたけど。

2,3日カフェインを止めていたら自然と回復するので、
またそれで乗り切るしかないか。
原因治療は、たぶんカフェインをやめることだと分かっているけど、
それは土台無理な話なので、対処療法で乗り切ろうと思います。

また、話はちょっと変わりますが、
コーヒーってカロリーどれくらいあると思います?
そんなん、0kcalに決まってるやん。と考えている人は、
昔の僕と同じ狢です。

昨日ちょろっと紹介した、
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)に書いてあった情報には、
5kcalらしいです。

そして、いつも行くタリーズでトールコーヒーのカロリーを聞いてみたところ、
12kcalらしいです。
0kcalと信じていた自分が恥ずかしい。

なんで、こんなカロリーのことをウダウダ言い出したかというと、
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)を見習って、
毎日、食べている事をメモる、カロリーを計算するという
レコーディング・ダイエットをしてみようと思ったからです。

目指せBMI22!!ちなみに、スタートはBMI24です。
BMIの求め方は、「体重(kg)/身長の二乗(m)」で、25からが肥満です。
あんまり、ダイエットの近況を語りたくない(恥ずかしいから)のですが、
十中八九、サボるので、ちょこちょこ書いていこうと思います。

  1. 2007/12/19(水) 22:12:12|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

僕の感想は、いったいどこへ?

2007.12.18 Tue

僕の感想は、いったいどこへ?

勝間和代さんは前に紹介したけど、
その感想がどうやら、新聞に載るという話が舞い込んだ。
勝間和代さんの本は、とりあえず全部読んで、
あまりにも感動したので、本人に感想文を送った。

その感想文がどうやら、出版社のほうにもいったらしく、
出版社の方から、その感想を使わしてくれないかというメールがきた。
舞い上がった僕は、すぐさまOKした。

というか、僕のあんな誤字脱字だらけの感想でいいのかな?
と思っていたら、やっぱり出版社の人も使いにくいのか、
ご丁寧にやっぱり載りませんでした。と、送ってきてくれる。

まぁ、気長に待って、載ったら
「載ったどーーー」とブログで紹介しよう と決めているので、
問題ないんだけどね。

でも、この前載るかもみたいな連絡を受けた新聞が、
都心型の新聞しかのらないということなので、
都心に住んでる友達に朝日新聞買えと言ったのに、載りませんでした。

うーん、悪い買い物させてしまった。
メールで「ノープロブレム」的な返事が返ってきて一安心やけど、
時間、お金を考えると悪いことしたなーと思ってしまう。

特に、ビジネス系の本ばっかり読んでると、
時間にたいして、かなりシビアになる。
時間のみが公平に与えられたものだからかもしれない。

ちなみに、最近読んだ本は、
勝間和代さんの効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る


今読みかけの本が、レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術レバレッジ人脈術
(2007/12/14)
本田 直之

商品詳細を見る


新書が、いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
(2007/08/16)
岡田斗司夫

商品詳細を見る



ハードカバーが、魔王
魔王魔王
(2005/10/20)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


文庫本が自殺自由法 (中公文庫 と 27-1)を読み終わり、「I am legend」を。
自殺自由法 (中公文庫 と 27-1)自殺自由法 (中公文庫 と 27-1)
(2007/11)
戸梶 圭太

商品詳細を見る


アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)
(2007/11/08)
リチャード・マシスン

商品詳細を見る



こんな感じです。近頃、文学少年に昇進?しましたw
それくらい本読んると思われるようになったみたいです。
あ、そうそう昨日紹介した「I am legend」

ほとんど知ってる、藤子不二雄のマンガにあったと書いたのですが、
よくよく調べてみると、「地球最後の男」という
ごっつい古い小説のリメイク3度目の作品らしいです。

つまり、藤子不二雄の作品は、それを題材にして書いた作品であった訳で、
もっと突き詰めれば、僕の無知であったと。
なんと恥ずかしい。
ということで、早速原作を読んでみることにしたという訳です。

昨日の評価は、あまり参考にせずに、
内容を知らない人でSF映画好きの人は、観るのをお勧めします。
ちなみに、途中でてくる怪物をみんなゾンビ、ゾンビと言ってましたが、
あれは、原作なら吸血鬼、藤子不二雄のマンガなら、新人類と表現しています。

僕もあれは、ゾンビじゃなくて新人類だと思います。
その理由を知りたければ、映画を見ることをお勧めします。

  1. 2007/12/18(火) 22:42:27|
  2. しがない医学生(旧ブログ)時代@厳選集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

プロフィール

シジロ

Author:シジロ
シジロは、
漢字では「之字路」と書きます。
意味は「曲がりくねった道」です。
自分の生き様を表しています。

ロマンは、
伊坂幸太郎さんの作品の名言、
"ロマンはどこだ!?"からかロマンを取り、
シジロロマンと合成しました。

シジロは、
金沢に住むしがない医学生です。
水泳・読書が趣味です。
皆さんと共感できるようなブログを
目指して頑張りたいと思います。

最後に、気になる上の写真は、
石川県の羽咋駅にある
オブジェの写真です。
それについての記事は⇒こちらです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

カウンター

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

I Know 成績


最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

RSSリンク

パソコンB封印から

リンク

あわせて読みたいブログパーツ

月別アーカイブ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約